オフィスをオシャレにアレンジ出来る!レンタル用品活用術

公私混同した

オシャレっていい?

少し前の高度経済成長期では、オフィスという言葉は、これほど使われていなかったように思います。平成に入ってからなのか、いつ頃からこれ保フォ頻繁に使われたのか、記憶にないくらいです。私は、カナダ人がオーナーの企業で勤務していたのでオフィスという言葉をよく使ってはいましアタが、「office」でしたね。

オフィスの今と昔

人によって、「オシャレ」の定義や価値観も違ってくるのだろうけど、オシャレって洗練されているというか、言葉で表現するのは難しいのよね。
シャレているよね、と表現するのと似ているよね。要するに、ダサくないってことで、かつ、一般的でないということなのかな。
どこにでもあるような、ものじゃないということよね。
そして、オシャレな人を見ると、知的にも見えたりするのは、どうしてなのかな。
それは、自分の行動範囲では、手に入らないようなものを持っていたり、ユニークな行動であったりとするのではないでしょうか、と私は思うのです。

しかしながら、古風の風習を重んじる人にとって、オシャレという表現や価値観を理解してもらうには、一苦労するのかもしれないですね。
因習を継続することダケを目的としている人にはね。
そのような人と接する機会が、少なくなってはくるとも予想されますが、介護の現場では、利用者として存在しているのかもしれないですね。

時代が進むにあたり、変わっていく事柄や習慣もあります。どのような形が「オシャレ」であるかどうか、決めるのも、ある程度は、自分自身ですが、結局のところ、評価を下るのは、世の中の人なのかもしれないですね。
なので、最も評価をしてほしい方に対して、清潔感があって、機能的で、センスが古くないというのが、無難なところでしょうか。
あれ、間違えました。センスが古くてもオシャレな人、周囲を見渡すと沢山いますよね。

運営者と場所の所有者

何事も、持ち主と利用者がいるように、オフィスの運営者と、企業としての責任者が存在しますよね。 目指すべき事柄は、一致していてもやり方や、道のりの選択肢で意見が分かれる場合があるので、十分に信頼関係を構築していきたいものです。 それは、オフィス家具を選んだりする時にも重要だと思うのです。

自己物件or賃貸?

オフィスの場所というか部屋は自己所有の物件でしょうか。それなら、誰に遠慮することもなく、自由に改装もできますよね。しかし、賃貸物件とかると、大家さんの許可が必要となってきます。そして、退去の際には、入居時と同じようにしなくてはならないという約束があったりしますよね。

TOPへ戻る