オフィスをオシャレにアレンジ出来る!レンタル用品活用術

公私混同した

>

自己物件or賃貸?

物件の所有者だと棚など壁に打ち付け可能!

物件の持ち主だと、自由に壁を取っ払ったりすることができるよね。そして、動物も室内で飼うこともできるし。そンな自由感が、仕事に役立つこともあるかもしれないですよね。
ちょっとした息抜きになるのよね、ペットは。近頃は、こどもをオフィスに連れてくることが許される会社もあるようですし、働き方も色々と変化しているのだからね。
自由に使える物件があるというのは、とても強みですよね。羨ましい限りです。もしかすると、年数が経っていて、レトロな雰囲気かもしれないですが、それはそれで、自由にアレンジでいけるものね。
でも、オフィスとして使用するのなら、家具は使い勝手のようものを選びたいですね。雰囲気と効率とは分けてね。

賃貸物件でのオフィス活用は、知恵が必要!

賃貸物件でオフィスを構えるとなると、いろんな制限がありますよね。このところは、シェアオフィスなんてのも浸透してきていますね。それは、オフィスとしての機能よりも他の利用者との交流のキッカケが重要であったりするのかもしれないですね。賃貸では制限があっても、目指すべきイメージを表現するためのオフィスであることを忘れないようにしたいものです。
また、そのオフィスを使う人にも快適で、効率が上がるようにオフィス家具を選別したいですね。そして、休憩する際にも、休憩中だと周囲の人に理解してもらいやすいような表示をするとかね。
何より、楽しくて、心が弾むオフィスであって欲しいと願うのは、私だけではないと思うのですが、いかがでしょう。でも、楽しい方といって、働きすぎは、いけないですよね。


TOPへ戻る